2012年9月うまれの娘「まる」とのあれこれを書きとめるブログ。
思いがけない話が続いてすっかり遅くなりましたが、

まるの誕生日に金沢に行ったお話をちょっとさせてくださいね。


元々、4歳になるまでは無料で入れるから、という理由で

ディズニーに行きたいな、と思っていたんです。

でも、毎回一緒に行っていた母が忙しく、今回は行けない、とのことでした。

せっかくなら、一緒に行きたいなぁ、と思っていましたし、

まるの誕生日の前日からの1泊2日と日程は決めていたので、

その間、何のイベントもないのも気になっていました。

(空いていてよさそう、とも思いましたが・笑)


そこで、5月のライブの時に会えなかった友人に会いに行くのもかねて、

金沢に行こう!ということになりました。

(私、とあるグループが大好きでして、5月にライブに行ってきました。

ライブの時に毎回集まる友人たちがいるのですが、

金沢の彼女だけ日程が合わずに、会えなかったのです)


北陸新幹線が開通し、話題に上がることが多かった金沢。

一度行ってみたいなぁと思っていたのです。


北陸新幹線の話を出しておいてなんですが、

荷物がもりもりになることも考えて、我が家は車で行ってきました。


朝の7時半に家を出まして、1回の休憩をはさんで11時半には金沢に着きました。

次の日は朝から市場に行きたかったので、お土産は初日に買ってしまおう!と、

ついて真っ先に向かったのは金沢の駅ビル「あんと」。

まずは混む前に、と腹ごしらえ。「魚菜屋」というお店でお昼ご飯を食べました^^

我が家、まるのお刺身解禁が遅く、まだあまり食べたことがない状況でしたが、

せっかく旅行に来ているんだし、と、まるもお刺身を一緒に食べました。

まるは「海老」のお刺身がお気に入りの様子でした♪


その後、前もってるるぶで目星をつけていたお土産をもりもり買い込み、

るるぶで目をつけていなかったお土産ももりもり買い込み(笑)、

早めにホテルへと向かいました。


今回泊まらせていただいたのは、「ホテル山楽」です。

友人に温泉のあるホテルがいいと希望を伝えたところ、

駅の近くならここがいいんじゃないかなぁ?と勧めてもらったところです。

建物が古く、駐車場がとても狭いので注意が必要ですが、

サービスがとてもよく、古さを補って余りある居心地の良さでした♪


まる、温泉が大好きでして、今回のホテルも「温泉に入りたい」という

まるのリクエストで決めました。

当然、ホテルに着くなり、「お風呂行きたい!!」と言い出しました。

夕方から友人と食事をし、帰ってくるのは遅くなる予定だったので、

まだ14時ちょっとすぎでしたが、お風呂に行くことにしました。

そんな時間だったので、お風呂には1人しか人がいなくて、

お風呂を満喫してきました^^

お湯もいいお湯でしたし、脱衣所には飲み物が、

そしてお風呂上りにはアイスが用意されているという素敵サービス。

こういうところがすごいなぁ、と思いました。

お風呂にいた方も、とてもいい方で、お話しをすることもできました。

まるもマナーを守っていい子で入浴できたので、

その方がすごく褒めてくださいました^^

まるのこういうところ、本当に偉いなと思うし、親としても助かります。

お風呂上りに、まるはすごく嬉しそうにアイスを食べていましたよ(笑)


そして一休みした後、ホテルでもらった近隣マップを見ると、

すぐ近くに観光物産館というものがあるようだったので、

お散歩がてら見に行ってみることに。

そこへたどり着くまでの道も趣があって素敵でした^^(白鳥路ってところかしら?)

白鳥路


そして、物産館でまたしてもお土産を買いあさる私たち…

夫はお酒とおいしそうな佃煮を買って幸せそうでした(笑)


…兼六園に隣接しているホテルに泊まったのにもかかわらず、

兼六園にはいかなかったんですよねぇ^^;

夫は以前行ったことがあるそうで、行っても行かなくてもいいよ~とのこと。

まるは連れて行ったところで抱っこになってしまうかなぁ…

ということで、今回は見送ったんです。

次回は行きたいなぁと思っています♪


さて、まだまだ書きたいことハマりますが、長くなってしまったのでこの辺で。

友人と晩御飯を食べに行った話から、次回更新したいと思います。

これがね、すごくいいお店だったのですよ。

お楽しみに!



↓ぽちっとお願いします!

にほんブログ村

【2016/09/12 10:29】 | まる(4歳0か月)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック