2012年9月うまれの娘「まる」とのあれこれを書きとめるブログ。
昨日、まるが朝起きての第一声は

「ママ、幼稚園のお箸、変えてほしいの」

でした。


急にどうした?と思ってよく話を聞くと、

まるはアンパンマンの絵のついた木(竹?)のお箸を使っていたのですが、

年長さんと一緒にお昼ご飯を食べたとき、

アンパンマンであることをバカにされたようなのです。

「まだアンパンマンなんか使ってるの?」という感じで。


その話を聞いた瞬間、ここにもいたか、そういうヤツ…

と、残念な気持ちになりました。


こういう話、聞いてはいたんですよね。

服の柄が子供っぽいと他の園児にバカにされる、とか。

正直、子供の発言とはいえ、そういうのこそ、ばっかじゃないの?と思います。

今回のことも、非常に不愉快です。


私、お箸はプラスティック製の物よりも、

木製と言うか、竹製と言うかの方がいいなと思っています。

そういう理由でたまたまアンパンマンのものがそうだったので、

それをまるに持たせていました。


そして、正直、友達に馬鹿にされたからという理由で、

まだ使えるお箸を別の物に変えるというのも、抵抗があります。


ですが、それでまるが切ない思いをしているとなれば、話は別です。

アンパンマンのお箸は、まだ使えるからお家で使おうね、と約束し、

可愛いお箸を買いに行ってきました。


すると、幼稚園から帰ってきたまるは、真っ先にお箸を確認して大喜び。

そして今朝も、起きて、着替えるより最初に「幼稚園に行く準備する!」と

給食用の袋にせっせとお箸をしまっていました。


お箸が可愛いのになったことがこんなにうれしいんだなぁ、と思うと、

思い切って変えてよかったです^^

それと同時に、その子の一言がどれだけまるに嫌な思いをさせたのかと思うと、

本当に腹立たしいです。

そして、少なくとも一晩は、親にお箸変えてって言えずに

我慢していたまるの気持ちを考えると、可哀想になります。

まぁ、この程度のことにぶつぶつ言っても仕方ないのですが。

親も子供も、色んな事があって強くなっていくんですよね。

気分を切り替えて頑張ります!



↓ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月~13年3月生まれの子へ
にほんブログ村

【2017/04/12 09:05】 | まる(4歳7か月)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック