2012年9月うまれの娘「まる」とのあれこれを書きとめるブログ。
こんにちは。

雨は多いし、寒いし、気が滅入る日が続きますね。

私も、なんだか鬱々として過ごしていました。


そんな中、月曜日に台風で娘、「まる」の通う幼稚園がお休みになりました。

とはいえ、9時には雨もやみ、晴れてきたので、

たまたまお仕事がお休みだった私の母と、

女3世代で食事をするべく、ちょっと出かけてきました♪


まるはばぁばが大好きでして。

最近、別れるときは大泣きするようになってしまいました。

我が家に来れば、帰らないで、泊まって行ってと泣き、

それどころか、電話で話をすれば「ばぁばがいい;;会いに来てよ;;」と

泣いて訴えるような状態なのですが、

この日は、別れる時、まるは泣きませんでした。


帰りの車の中で、「今日は頑張ったね」と褒めていると、

まる「ばぁばがいなくて淋しいなぁ」

私「(また始まったか…)うん、淋しいね」

まる「でもね、ママの方がもっと淋しいと思うの」

私「!?(私もマザコンを自認するくらい母が好きだけども、どうした!?)」

まる「だって、ばぁばはママのお母さんでしょ?」

私「うん」

まる「まるはママといられるけど、ママはママのお母さんと一緒にいられないでしょ?」

私「そうだねぇ」

まる「だから、まるも淋しいけど、ママの方がもっと淋しいって思ったのよ」


なんてこった。

もう、運転中にもかかわらず、涙で前が見えなくなるかと思いました(笑)

5歳の子が!!自分も淋しいのにもかかわらず!!人のことを思いやるだなんて!!


…はい、親ばかです、すみません。


でもね、これ、本当にすごいことだと思うんです。

・自分の「淋しい」って感情を、一旦横に置いておけたこと。

・相手の方が自分より淋しいって思ってるんじゃないかなって推測できたこと。

・そしてそれをうまく言葉にして説明できたこと。


正直、うちの夫は、「人の感情に寄り添う」ということができません。

ごくまれに夫に向かって弱音を吐くことがありますが、もれなくスルーです。

50を過ぎてもできない人がいるのにもかかわらず、

まだ5つの子供がそれをとても自然にやったこと。

私はとても驚きましたし、そんな子に育ってくれていて心底嬉しいと思っています。

(とはいえ、人の気持ちに敏感すぎて、まる自身が苦しくなっちゃわないか心配はしています)


もう、雨と寒さで鬱々とした気持ちなんて、一気に吹き飛びました。

大げさかもしれませんが、子供を産めてよかった。

私の子供がこの子で良かった、と思いました。


そんな、月曜日のお話でした^^

書いていたら、まるが愛しくなってしまいました。

いそいで幼稚園のお迎え、行ってきます!



↓ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月~13年3月生まれの子へ
にほんブログ村

【2017/10/25 13:44】 | まる(5歳0か月~1か月)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック